診療科・部署

内視鏡処置・手術

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

EMRとは?

EMRとは、胃や大腸にできたポリープを内視鏡を使って切除する治療方法です。手術は内視鏡を使って行うため、一般的な開腹外科手術と比較して負担は少なくなります。

病変と筋層の間の粘膜下層へ生理食塩水などを注入し、病変が発生している粘膜を持ち上げて人工的に隆起させて、粘膜ごと病変を切除する手技です。

※抗血栓薬(抗凝固薬、抗血小板薬)を内服中の患者さまは、主治医にご相談ください。

ページの先頭へ戻る
EMRの必要性

将来がんとなる可能性が高いポリープ(腺腫や大きな過形成ポリープ)は切除の必要があります。

 
手技の流れ
  1. 病変の存在を内視鏡下に確認病変の存在を内視鏡下に確認
  2. 局注液を注射して、病変を持ち上げます局注液を注射して、病変を持ち上げます
  3. スネア(リング状のワイヤー)をポリープにかぶせますスネア(リング状のワイヤー)をポリープにかぶせます
  4. ワイヤーの輪を徐々に縮めて、病変を切り取ります(この時痛みは感じません)ワイヤーの輪を徐々に縮めて、病変を切り取ります(この時痛みは感じません)
  5. 切除完了です切除完了です
ページの先頭へ戻る
EMR後の経過(治療に要する時間)

当院でのEMRは、術後出血や穿孔などの合併症に備えて1泊2日の入院経過観察が必要です。特に合併症が認められなければ翌日には退院できます。

 
手技の流れ
  1. 病変の存在を内視鏡下に確認病変の存在を内視鏡下に確認
  2. NBI特殊光による観察で、病変表面の性状を観察NBI特殊光による観察で、病変表面の性状を観察します
  3. 局注液を注射して、病変を持ち上げる局注液を注射して、病変を持ち上げます
  4. スネア(リング状のワイヤー)をポリープにかぶせ、ワイヤーの輪を徐々に縮めて、病変を切りとるスネア(リング状のワイヤー)をポリープにかぶせ、ワイヤーの輪を徐々に縮めて、病変を切り取ります(この時痛みは感じません)
  5. 切除完了切除完了です
ページの先頭へ戻る
 

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

ESDとは?

従来の内視鏡治療の方法では取り切れず、開腹手術となっていた早期がんを、内視鏡下で開腹せずに切除できる手術です。
2007年に、まず早期胃がんに対するESDが保険診療の適応を受けました。その後2008年に早期食道がんが、2012年に早期大腸がん・大腸腺腫が保険適応された、新しい早期がんに対する内視鏡治療です。当院でも早期からこの治療技術を用いて、内視鏡専門医による最新の治療が行われています。
ESDは病変部を一つのブロックとして切除することができ、より正確な病理検査によるがん治療が可能になりました。また、一般的な開腹手術と比べて患者さまの負担が軽く、入院日数が短期間で済みます。

ESDの適応

基本的に原発病変切除を行う治療法であり、筋層切除やリンパ節切除ができないため、「リンパ節転移のほとんど無い、がんの浸潤が粘膜下浅層にとどまる深達度の浅い早期の病変」が治療適応対象です。
また、早期がんで小さくても粘膜下層以深に浸潤が及ぶものは適応外となり、基本的には外科的手術の適応になります。詳しくは主治医とご相談ください。

ESDの適応

ページの先頭へ戻る
 
手技の流れ
  1. 病変の存在を内視鏡下に確認病変の存在を内視鏡下に確認
  2. 病変を確実に切り取るために、拡大機能付きNBI内視鏡や色素撒布を利用して切除境界を決定し、病変の周りに切除範囲のマーキングをする病変を確実に切り取るために、拡大機能付きNBI内視鏡や色素撒布を利用して切除境界を決定し、病変の周りに切除範囲のマーキングをします
  3. 生理食塩水を注射して、病変を筋層から離す局注液を注射して、病変を筋層から離します
  4. マーキングした部分より外側に穴をあけ、その穴から電気メスを用いて病変のある粘膜を削いでいくように切り取っていくマーキングした部分より外側に穴をあけ、その穴から電気メスを用いて病変のある粘膜を削いでいくように切り取っていきます
  5. 切除完了切除完了です

この後取り残しはないか、出血はないか、病変の深さはどの程度かなどを観察して終了です。
処置時間は病変の大きさ、占拠部位によって異なりますが、おおよそ1~3時間です。通常の内視鏡検査より時間がかかりますので、十分な鎮静のもとで行います。

ページの先頭へ戻る
ESD後の経過(治療に要する期間)

当院でのESDは、術後出血や穿孔などの合併症に備えて、上部消化管(胃・食道)で約9日間、下部消化管(大腸)で約5日間の入院経過観察が必要です。

 
手技の流れ
早期食道がんに対するESD
  1. 食道中部に存在する径5mmの早期食道がん食道中部に存在する径5mmの早期食道がん
  2. 最新の内視鏡画像診断支援機能である拡大機能付きNBI内視鏡を用いて、病変の性質と境界を診断する最新の内視鏡画像診断支援機能である拡大機能付きNBI内視鏡を用いて、病変の性質と境界を診断していきます
  3. ヨードを撒布し、食道がんの不染帯を確認ヨードを撒布し、食道がんの不染帯を確認します
  4. 局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離していきます
  5. 病変を取り去ったあとの食道と切除標本。切除完了切除完了です病変を取り去ったあとの食道と切除標本です。切除完了です
ページの先頭へ戻る
 
早期胃がんに対するESD
  1. 胃の前庭部小弯にある径15mmの早期胃がん胃の前庭部小弯にある径15mmの早期胃がん
  2. 拡大機能付きNBI内視鏡を用いて、病変の性質と境界を診断する拡大機能付きNBI内視鏡を用いて、病変の性質と境界を診断していきます
  3. インジゴ色素を撒布し、さらに病変の精密検査を行うインジゴ色素を撒布し、さらに病変の精密検査を行います
  4. 切除範囲のマーキングを内視鏡下に電気メスで行う切除範囲のマーキングを内視鏡下に電気メスで行います
  5. 局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離する局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離していきます
  6. 病変を取り去ったあとの胃と切除標本。切除完了病変を取り去ったあとの胃と切除標本。切除完了病変を取り去ったあとの胃と切除標本です。切除完了です
ページの先頭へ戻る
 
早期大腸がんに対するESD
  1. 直腸に認められた径15mmの早期大腸がん直腸に認められた径15mmの早期大腸がん
  2. 拡大機能付きNBI内視鏡を用いて、病変の性質と境界を診断する拡大機能付きNBI内視鏡を用いて、病変の性質と境界を診断していきます
  3. インジゴ色素を撒布し、さらに病変の精密検査を行うインジゴ色素を撒布し、さらに病変の精密検査を行います
  4. 局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離する局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離していきます
  5. 局注液を粘膜下層に注入し、内視鏡下に電気メスで病変を剥離する病変を取り去ったあとの胃と切除標本。切除完了病変を取り去ったあとの大腸と切除標本です。切除完了です
ページの先頭へ戻る
 

EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)

ESTとは?

内視鏡下に電気メスで十二指腸の胆汁排泄口(十二指腸乳頭括約筋)を切開する方法です。胆道が閉塞して起こる黄疸を軽減したり、総胆管結石の除去治療やステント留置時に施行されます。

総胆管結石に対する内視鏡治療
  1. 内視鏡的に乳頭括約筋を切開し、石の出口を広げます
    内視鏡的に乳頭括約筋を切開し、石の出口を広げる内視鏡的に乳頭括約筋を切開し、石の出口を広げる内視鏡的に乳頭括約筋を切開し、石の出口を広げる
  2. 総胆管内の石をバルーンやバスケットカテーテルで除去します
    総胆管内の石をバルーンやバスケットカテーテルで除去する総胆管内の石をバルーンやバスケットカテーテルで除去する
このページの先頭へ戻る