そけいヘルニア(脱腸)とは

そけいヘルニア(脱腸)は、脚の付け根の壁が弱くなった部分から、お腹の中の腸や脂肪が出てきて膨らんできたり、痛みを伴ったりする病態です。

そけいヘルニア(脱腸) の種類

そけいヘルニア(脱腸)の種類としては、外そけいヘルニア、内そけいヘルニア、大腿ヘルニアがあります。そけい部分のどこにヘルニアが出来るかによって分けられます。外そけいヘルニアは男性に、大腿ヘルニアは女性に多い傾向にあります。

 

ヘルニアの説明
ヘルニアの種類

そけいヘルニア(脱腸) 症状

そけいヘルニア(脱腸)の症状としては、立ったときやお腹に力を入れた時にそけい部の皮膚の下に柔らかい腫れができます。多くは指で押さえると引っ込みます。太ももや脚の付け根に腸が出てくる感じがあることから、「脱腸」と呼ばれています。小腸などの腸管が出てくる場合は不快感や痛みを伴ってきます。腫れが急に硬くなったり、腫れた部分が押さえても引っ込まない状態になると、緊急手術が必要になります。

そけいヘルニア(脱腸)の原因

そけいヘルニア(脱腸)の原因として、先天的な要素で小児期に発生するものもありますが、成人になって組織が弱くなったり、腹圧が高くなることにより生じる後天的なものがあります。

そけいヘルニア(脱腸)の診察

そけいヘルニア(脱腸)の診察は、問診・視診・触診を行います。CT等検査を行い、最終的に診断します。

そけいヘルニア(脱腸)の治療法

そけいヘルニア(脱腸) は物理的な要因で発生する病態であるため、根治するには外科的な手術が唯一の治療となります。手術の方法として大きくわけて、前方アプローチ(従来法:ソケイ部から切開を入れて行う方法)と、腹腔内アプローチ(腹腔鏡下ヘルニア根治術:腹腔鏡下におなかの中から行う方法)があります。それぞれに長所・短所がありますが、両方の治療内容を十分ご説明した上で、患者さまに選択していただくようになります。

治療や症状についてのご相談は、
そけいヘルニア(脱腸)相談室ページをご覧ください。

ヘルニアの治療で用いるメッシュ
ヘルニアの治療で用いるメッシュ
腹腔鏡下ヘルニア根治術の様子
腹腔鏡下ヘルニア根治術の様子