地域の皆様に寄り添い連携していく わたなべ訪問看護ステーション

ごあいさつ

Message

地域の皆さまが安心して在宅医療を受けられるよう、私たちは地域の皆様に訪問看護を提供しています。
高齢化が進む日本において、病院だけでの対応は限界があります。
コロナ禍での入院制限を経験し、在宅医療の重要性がますます増しています。
私たちは地域に根ざした医療を目指し、患者様が安心してご自宅で過ごせるよう、心を込めてサポートいたします。
どんな状況でも、患者様とそのご家族に寄り添う看護を提供いたします。

イメージ
救急時の対応 ご利用者様やそのご家族からの電話等による連絡や相談を24時間365日受け付けています。主治医と連携し、状況に応じて看護師がご自宅に緊急訪問し問題解決できるよう対応します。 ご家族(介護者)への支援 療養・介護相談、不安や疲労・精神的ストレス等、お話をお伺いしながら一緒に検討します。病状のことなど、わからないことがあればきちんと説明させていただきます。

お手伝いできること

About Our Services
  • 健康状態の観察

    病気の予防、悪化予防の
    サポート・アドバイスを⾏います。

  • ⽇常⽣活の看護・サポート

    ⾷事・排泄・⼊浴など⽇常⽣活の
    サポート・アドバイスを⾏います。

  • 薬の管理・サポート

    お薬をきちんと服⽤していただけるよう
    サポートします。

  • 終末期ケア

    痛みの緩和、⾝体的・精神的サポート、
    看取りを⾏います。

  • 医療的ケア

    点滴、創処置、カテーテル管理などを
    ⾏います。

  • リハビリテーション

    ⽇常⽣活動作の訓練や
    関節可動域訓練などを⾏います。

よくある質問

Q&A
Q

訪問看護は、どのような方がうけられますか?

病気や障害の程度(軽症、重症など)を問わず、すべての人が受けられます。
受けられる支援の例は以下です。
健康相談・お薬の管理(医療用麻薬の管理も含む)・傷の処置(褥創・熱傷など)
ストマ管理・在宅酸素療法・ご自宅での点滴・感染症時の対応・入浴介助・清拭・陰部洗浄・足浴、手浴・緩和ケア・受診相談・レスパイト相談などです。
当ステーションでは、20年間に渡って、ガン患者様の疼痛管理や、療養生活の支援、ご自宅での看取りなど、多数の実績を有しています。

Q

費用はどのくらいかかりますか?医療保険か介護保険は使えますか?

費用は国によって定められています。使用する介護保険か医療保険でも費用は異なります。
※例えば、介護保険要介護1割の方だと30分未満の訪問で471単位×回数、30分以上1時間未満823単位×回数、これに加算料金が加わります。(2024年現在)

Q

訪問看護の利用頻度や時間帯についてはどのように決まりますか?

訪問の回数や処置内容は、医師の指示とケアマネジャーさんの作成するケアプランに沿って行います。例えば、毎週×曜日×時~×時と決めて定期的に訪問します。
ご利用開始及び、病状変化時に相談して決めます。訪問看護の曜日や時間帯は、ご利用者様やご家族とご相談、ご了解の上で決定、変更します。

Q

緊急時は訪問看護で対応可能でしょうか?

昼夜を問わず、看護師の対応を要する場合は、24時間体制で、携帯電話等で連絡がとれるようになっていますので、電話でご相談に応じます。

Q

訪問看護でリハビリはできますか?

訪問看護では、主治医が必要と判断し、訪問看護指示書に記載があれば、リハビリを受けることができます。リハビリを希望する場合は、主治医や、担当ケアマネジャーさんにご相談下さい。

Q

支払いはどのようにするのですか?

口座からの引き落としでお願いしています。ご利用者様の貯金口座から毎月自動的に引き落としとなります。

Q

受診についてきて欲しいのですが?

自費での訪問看護対応となります。利用の際には、医師の許可が必要となります。詳細については随時相談に応じます。

訪問看護をご希望の方、訪問看護申込はいずれかに相談

・かかりつけ医師に相談
・訪問看護ステーションに相談
・地域包括支援センターか、居宅介護支援事業所のケアマネジャーに相談

訪問看護を利用したい旨をご相談いただけましたら、それぞれの担当が連携をとり対応いたします。いつでもご相談ください。

わたなべ訪問看護
ステーションに関する
お問い合わせはこちら

受付時間
月〜土/0:00~0:00

※テキストテキストテキストテキスト
※テキストテキストテキストテキスト