診療科・部署

肛門疾患

痔核

痔核とは

肛門と、直腸下端の周辺には静脈が網の目のように存在しており、血液の流れが悪くなって、この静脈が膨らんでこぶ状になったものが痔核の本体です(静脈瘤と呼びます)。肛門の内側にできる内痔核と、肛門の外側にできる外痔核があります。①便秘などの排便の異常、②ストレス、③飲酒、④長時間の同じ姿勢(座りっぱなし、立ちっぱなし)、⑤妊娠と出産 などを背景に、成人の半数以上が程度にかかわらず持っている病態です。

ページの先頭へ戻る
症状

主な症状としては出血と痛みで、静脈瘤の中で血が固まる血栓性外痔核に炎症がおこると、強い痛みを感じるしこりとして感じるようになります。肛門の内側にできた内痔核は痛みを感じることは稀ですが、出血をするのが特徴で、ひどい場合は便器が真っ赤になるほど出血することがあります。また、周囲の支持組織が弱くなって肛門外に脱出するようになったものを脱肛といいます。

ページの先頭へ戻る
当院で可能な治療法

座薬や軟膏を始め、鎮痛剤や抗炎症剤、便秘がある場合は整腸剤や緩下剤などを用いた保存的治療を主に行います。肛門を清潔に保つことと、便通を整えることが大切です。血栓が大きく、強い痛みを伴う場合は、局所麻酔で血栓を除去することで痛みから解放されます。様々な外科的処置が考案されていますが、根治的には痔核に流入する血管の結紮切除と創の半閉鎖を行います。

このページの先頭へ戻る