• ホーム
  • 渡辺胃腸科外科病院の5つの特徴

渡辺胃腸科外科病院の5つの特徴

心、通う、医療。Technology & Hospitality

早期発見・早期治療

早期発見・早期治療

「医療を通じて地域の皆様のお役に立ちたい」という思いから、最新鋭の検査設備と高度な医療技術で、がんを中心にさまざまな病気を早期発見・早期治療することに力を入れています。また、健康で快適な生活を続けるには、病を未然に防ぐことが第一と考え、生活習慣や食事の指導も積極的に行っています。

急性期医療のスペシャリストとして

急性期医療のスペシャリストとして

病気に対して積極的に治療を施していく“急性期”において、苦痛の少ない内視鏡による検査や治療、腹腔鏡下手術など、患者さまの負担を軽くする専門的かつ高度な医療技術を採り入れています。患者さまの立場に立った医療を実現するために、各部署が日々努力を続け、24時間体制で対応しています。

一貫体制で治療にあたるチーム医療

一貫体制で治療にあたるチーム医療

リスクマネジメントや感染対策をはじめ、NST(栄養サポートチーム)やクリニカルパス、化学療法などの委員会やチームを結成しています。医師・看護師・薬剤師・管理栄養士などが、定期的な会議で専門の立場から意見を出し合い、情報共有しながら治療にあたっています。

自分らしく生きるための在宅医療支援

自分らしく生きるための在宅医療支援

「あなたらしく生きるために」を合言葉に、自宅で治療、療養を続けたいという患者さまとご家族の支援をしています。要介護認定を受けている方だけでなく、「まだまだ元気だけど、高齢の家族の生活が心配。」「入退院を繰り返していて、今後の生活が不安。」といった相談も承り、それぞれのケースに合わせたアドバイスをさせていただきます。

 

地域のベストパートナーとして

地域のベストパートナーとして

患者さまとそのご家族、さらには地域の皆様とのつながりを大切にし、頼れる地域の医療機関を目指します。健康セミナーや情報誌『ふれあい』、検査部発行『健康ポスター』などの各種印刷物、ホームページなどを通じて、様々な健康情報を発信しています。

このページの先頭へ戻る