検査項目の紹介


関連臓器 検査項目 検査の目的
肝臓 AST (GOTとも言う) 肝臓や心臓などの病気で高くなり、ALTと共に測定されます。
ALT (GPTとも言う) 肝臓や胆道の病気で高くなり、ASTよりも肝臓に特異性の高い検査です。
TP 総タンパク 肝・腎機能や栄養状態を見る検査です。
Alb アルブミン 肝臓で作られ、栄養状態が悪くなったり、肝臓が弱ると低くなります。
CHE コリンエステラーゼ 主に肝臓の病気で低くなります。
T-Bil 総ビリルビン 肝臓の病気の診断や黄疸の鑑別に利用される検査です。
LDH 乳酸脱水素酵素 酵素の一種で、肝臓病、心筋梗塞などで高くなります。
胆道 γ-GTP ガンマ ジーティーピー 肝臓障害などで高くなる酵素です。病気がなくても長期飲酒によって高くなることがよく知られています。
ALP アルカリフォスファターゼ 肝臓や胆道系の病変で高くなります。小児の場合は骨が盛んに作られるため高値となります。
心臓 CK クレアチンキナーゼ 骨格筋や心筋が壊れると高くなります。急性心筋梗塞などで高くなります。
腎臓 BUN 尿素窒素 腎臓の働きが悪くなったときに高くになります。また、火傷や高熱、大量のタンパク質を摂取したときも高くなります。
Crea クレアチニン 腎機能の判定に利用されます。腎臓の機能が低下すると高くなります。
UA 尿酸 痛風の原因となります。腎臓病の時も値が高くなることがあります。
脂質 T-cho 総コレステロール コレステロールは細胞壁の重要な成分、ホルモンの原料にもなります。しかし、多すぎると動脈硬化の原因になります。
TG 中性脂肪 動脈硬化の危険因子。食事の影響を強く受けます。
HDL-cho HDLコレステロール 動脈硬化を防ぐ“善玉”コレステロール。この値が非常に低い人は注意が必要です。
LDL-cho LDLコレステロール 動脈硬化を促進する“悪玉”コレステロール。この値が非常に高い人は注意が必要です。
膵臓 AMY アミラーゼ 膵臓に障害がおこると高くなります。
糖尿病 Glu 血糖 糖尿病の基本的な検査です。食事の影響を受けます。
HbA1c ヘモグロビンエーワンシー 糖尿病の検査で、約1ヶ月前の糖尿病の状態を知ることができます。
炎症反応 CRP シーアールピー 炎症性の病気や体内の組織が壊れた場合に高くなります。

× このウィンドウを閉じる