平成29年度 医療法人創生会 渡辺胃腸科外科病院 病院指標

はじめに

 DPC制度の対象病院は、DPC請求とは別に、診療録(カルテ)・診療報酬請求(レセプト)情報をデータで厚生労働省に提出する
 ことが義務付けられています。この度の「病院指標」は、提出したDPCデータから、全国統一の定義と形式に基づき作成した診療情報・
 指標
を公開するものです。
 DPC病院指標の公開の目的は、皆様に当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことです。
 当院では指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。

全体の集計方法と定義

 各指標の集計は、厚生労働省が定める集計基準に従って行っております。

DPCデータによる病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 15 29 50 122 200 406 583 337 93

平成29年度に退院された患者数は1,835人で、退院患者平均年齢は68.4歳です。
年齢層を見ると10歳以上の方から90歳以上の方まで幅広い年齢層の患者さんが入院されています。 割合としては昨年度とほぼ変わらず、70歳代の方が31%と一番多く、60歳以上の割合が全退院患者の77%となっております。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

  DPC14桁分類(DPCコード)の患者数を診療科別に集計し、上位5位までのDPCコード、DPC名称、患者数、平均在院日数(自院) 、
  平均在院日数(全国)、転院率、平均年齢、解説を示しています。

  【 DPC14桁分類(DPCコード) 】
   診断群分類を表すコードです。入院期間中にもっとも医療資源が投入された傷病名と、入院期間中に行われた手術・処置等の組み
   合わせによって決定されます。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x 腸閉塞(イレウス) 手術等なし 31 11.19 8.98 3.23% 71.16
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎 手術あり (内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD)など) 30 11.50 10.61 10.00% 76.70
060020xx04x0xx 胃がん 手術あり(内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)) 27 9.78 8.73 0.00% 71.74
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術等なし 25 10.84 9.06 0.00% 73.92
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術なし 23 6.13 5.50 0.00% 60.35

   ※患者数上位5位までを掲載しています。
   ※全国の平均在院日数は平成29年度のDPC対象病院における診断群分類別平均在院日数を掲載しています。
   ※転院率:転院患者数/各コード別の全退院患者数
   ※短期滞在手術等基本料3の症例は対象外となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸がん 手術なし 化学療法あり(アバスチンなど) 44 3.02 4.38 0.00% 66.27
060335xx02000x 胆のう炎、胆のう水腫等 手術あり(腹腔鏡下胆嚢摘出術など) 22 8.82 7.40 0.00% 60.73
060150xx02xxxx 虫垂炎 手術あり(腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの など) 16 7.38 9.88 0.00% 45.19
060330xx02xxxx 胆のう結石症 手術あり(腹腔鏡下胆嚢摘出術など) 15 7.38 6.64 0.00% 58.88
060020xx97x0xx 胃がん その他の手術あり(胸水・腹水濾過濃縮再静注法など) 13 15.36 17.08 0.00% 64.29
   ※患者数上位5位までを掲載しています。
   ※全国の平均在院日数は平成29年度のDPC対象病院における診断群分類別平均在院日数を掲載しています。
   ※転院率:転院患者数/各コード別の全退院患者数
   ※短期滞在手術等基本料3の症例は対象外となっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術等なし 18 28.06 20.83 33.33% 85.94
0400801499x001 肺炎(重症度分類:1) 手術等なし 13 13.23 13.51 0.00% 85.54
050130xx99000x 心不全 手術等なし 12 15.00 17.71 0.00% 85.33
130090xx97x0xx 貧血 輸血あり 12 5.83 10.89 0.00% 79.58
100380xxxxxxxx 脱水症 - - 9.16 - -
      ※患者数上位5位までを掲載しています。
      ※全国の平均在院日数は平成29年度のDPC対象病院における診断群分類別平均在院日数を掲載しています。
      ※転院率:転院患者数/各コード別の全退院患者数
肛門外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060245xx97xxxx 内痔核  手術あり 44 4.23 5.71 0.00% 50.05
060235xx97xxxx 痔瘻  手術あり 18 4.44 6.23 0.00% 44.06
060260xx97xxxx 肛門狭窄、肛門裂溝 手術あり - - 7.12 - -
060230xx97xxxx 肛門周囲膿瘍 手術あり - - 8.44 - -
060250xx97xxxx 尖圭コンジローム 手術あり - - 3.29 - -
   ※患者数上位5位までを掲載しています。
   ※全国の平均在院日数は平成29年度のDPC対象病院における診断群分類別平均在院日数を掲載しています。
   ※転院率:転院患者数/各コード別の全退院患者数
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 35 - 21 30 - - 1 7
大腸癌 13 19 22 52 - 48 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)を病期(ステージ)ごとに集計したものです。
医師が「がん(がん疑い)」と診断した時に1件とカウントされ、①がんの大きさや進展度、②リンパ節転移、③遠隔転移の
有無によって病期(ステージ)が決定します。病期(ステージ)は数字が大きいほど「進行しているがん」であると表されます。
病期(ステージ)が不明の症例は、上記の①~③に一つでも不明な項目がある症例を表し、不明な項目を明らかにするための
検査入院症例も含まれています。
当院では胃がんと大腸がんが多くなっています。また、stageⅣの末期がんの患者も多く、当院では患者さんのQOLに合わせた
総合的ながん医療を提供しています。

   ※集計期間中に退院した患者さんが対象で、延患者数を集計しています。
   ※「初発」の病期分類に基づいたものです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 37 12.51 82.27
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎の事を言います。
高齢者では症状がハッキリしない場合もあり、出来るだけ早期に適切な抗菌薬を適切な量と期間で投与する必要があります。
年齢が高いほど重症度が高くなり、平均在院日数が長くなる傾向があります。

当院では重症度1、重症度2の中等症に分類される患者さんを多く治療しています。
当院の訪問診療・看護を利用し、在宅療養中の患者さんや施設などに入所している患者さんが
肺炎を発症することが多く、積極的に受け入れ、治療を行っております。

※この集計では成人とは15歳以上の患者さんを指します。
※重症度分類については市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
1.男性≧70歳、女性≧75歳  2.BUN≧21又は脱水  3.酸素飽和度≦90%  
  4.意識障害(肺炎に由来する)  5.収縮期血圧≦90mmHg
   重症度0:上記5つの項目がいずれも満たさない。:軽症
   重症度1:上記5つの項目で1つを有する。    :中等症
   重症度2:上記5つの項目で2つを有する。    :中等症
   重症度3:上記5つの項目で3つを有する。    :重症
   重症度4:上記5つの項目で4つを有する。    :超重症
   重症度5:上記5つの項目全て有する。      :超重症
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院では病状に応じて、治療を行っております。
急性期治療が必要な場合は専門病院、高次医療機関への紹介を行っております。
疑い病名や他院退院後、在宅治療へ移行するための対応を行っております。

この度の集計では、脳梗塞の患者数は10症例未満となっております。

   ※転院率:転院患者数/各コード別の全退院患者数
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

 実施された手術の術式別患者数を診療科別に集計し、上位5位までのKコード、術式名称、患者数、平均術前日数、平均術後日数、
 転院率、平均年齢を示しています。

  【 Kコード 】
    診療報酬医科点数表で定められた術式を表すコードです。このコードに基づいて診療報酬保険請求が行われます。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 708 0.03 1.05 0.14% 66.88
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 27 0.04 8.74 0.00% 71.74
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 23 0.17 1.48 0.00% 66.17
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 22 1.86 7.00 60.87% 80.86
K6534 内視鏡的胃,十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他のポリープ・粘膜切除術) 17 0.00 6.88 0.00% 73.53
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.90 5.30 0.00% 60.80
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1.19 4.15 0.00% 64.73
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 15 0.13 5.87 0.00% 44.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 14 3.79 18.21 0.00% 69.79
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 11 4.64 14.36 8.33% 72.27
肛門外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7434 痔核手術(脱肛を含む。)(根治手術) 44 0.32 3.11 0.00% 49.95
K7462 痔瘻根治手術(複雑なもの) 17 0.06 3.41 0.00% 44.06
K744 裂肛又は肛門潰瘍根治手術 - - - - -
K7521 肛門形成手術(肛門狭窄形成手術) - - - - -
K7422 直腸脱手術(直腸挙上固定を行うもの) - - - - -

   ※患者数上位5位までを掲載しています。
   ※1入院期間で主要な手術1つのみを症例数に集計しているため、手術の実施件数と必ずしも一致するとは限りません。
   ※術前日数:様式1 開始日から主たる手術の手術日まで(手術日当日は含まない)の日数
   ※術後日数:主たる手術の手術日から(手術日当日は含まない)様式1 終了日まで
   ※転院率:転院患者数/各コード別の全退院患者数
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
医療の質の向上、改善に資するため、診療上ゼロにすることはできませんが、少しでも改善すべき項目として、
下記の4つの傷病名について対象患者数と発症率を公表しております。

この度の集計では、DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症は10症例未満となっております。

【播種性血管内凝固症候群とは】
 本来、出血箇所のみで生じるべき血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に起こる症候群です。早期診断と早期治療が
 求められる重篤な状態です。入院後に発症している症例が多く、感染症が重症化するケースや基礎疾患が影響しているケー
 スが多いと考えられます。

【敗血症とは】
 病原体が全身に波及したもので非常に重篤な状態です。無治療ではショック、DIC、多臓器不全などから早晩死に至る疾患です。

【真菌症とは】
 真菌が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。

【手術・処置の合併症とは】
 手術や処置をしたことで起こる病態をさします。合併症は患者さんの状態によって引き起こされる確率は様々です。
 臨床上ゼロにすることは難しいですが、細心の注意を払い対応しております。

 昨年度に対応した手術・処置の合併症としては下記のとおりです。

  ・血管の人口器具、挿入物及び移植片による感染症及び炎症反応
    「中心静脈カテーテル感染症」
  ・検査・手術に合併する出血、不慮の穿刺及び裂傷、続発する感染症
    「EMR後出血」 「生検後出血」 「術後腹壁膿瘍」
  ・適正に投与された正しい薬物及び薬剤の有害作用によるもの
    「造影剤ショック」
更新履歴
2018/9/26
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報の公表」 作成・公開