• ホーム
  • 情報誌「ふれあい」・イベントトピックス

情報誌「ふれあい」・イベントトピックス

ふれあいバックナンバー

当院では年4回、情報誌『ふれあい』を発行しています。医療に関する医師のエッセイや、健康増進のための情報など、皆様の健康生活にお役立ていただけることと思います。受付カウンターにも設置しておりますので、ぜひお持ち帰りください。

最新号

CONTENTS
  • 胆管結石のお話し
  • 肛門診察について
  • イベント実施のご報告
  • チームわたなべ通信 ケモ・緩和ケアチーム
  • 新入職員紹介
  • 職員コラム など

バックナンバー

ふれあい93号(H29.07月号) ふれあい92号(H29.05月号) ふれあい91号(H29.01月号)
ふれあい90号(H28.10月号) ふれあい89号(H28.7月号) ふれあい88号(H28.4月号)
ふれあい87号(H28.1月号) ふれあい86号(H27.10月号) ふれあい85号(H27.7月号)
ふれあい84号(H27.4月号) ふれあい83号(H27.1月号) ふれあい82号(H26.10月号)
ふれあい81号(H26.7月号) ふれあい80号(H26.4月号) ふれあい79号(H26.1月号)
ふれあい78号(H25.10月号) ふれあい77号(H25.7月号) ふれあい76号(H25.4月号)
ふれあい75号(H25.1月号) ふれあい74号(H24.10月号) ふれあい73号(H24.7月号)
ふれあい72号(H24.4月号) ふれあい71号(H24.1月号) ふれあい70号(H23.10月号)
ふれあい69号(H23.7月号) ふれあい68号(H23.4月号) ふれあい67号(H23.1月号)
ふれあい66号(H22.10月号)
ページの先頭へ戻る
 

イベントトピックス

当院では、毎年3つの大きなイベントを開催し、患者さまやそのご家族、さらには地域の方々とのふれあいの場を設けております。
毎年5月の「病院・看護の日 ミニ健康フェア」、毎年9月の「開院記念講演会」、毎年12月の「クリスマスコンサート」です。
最新のイベントの様子を掲載しておりますので、是非ご覧ください。
また、各イベントの開催が新たに決定しましたら、速やかにお知らせに掲載いたします。

開院34周年記念講演会(平成29年09月16日)

 開院34周年を記念して健康講演会を9月16日(土)に催しました。

 第1部は「岡山弁再発見!」と題して岡山弁協会会長 青山 融(とおる)さんにお話していただきました。様々な例を挙げながら、岡山弁の中でも地域による違いがあること、岡山弁に古語が残っていること、備前・備中・美作でも方言が違う等を説明されました。意識して岡山弁を使わないと岡山弁が消滅してしまうなど、笑いと勉強になる時間を過ごさせてもらいました。中でも「いんぎょちんぎょ」という言葉は玉島を含む高梁川南西の方言というのはビックリしました(笑)。


 続いて第2部は 毎年楽しみに待って下さる方も多い、院長による講演でした。「健康長寿で在るための生き方」という演題で“ありがとうは魔法の言葉”“笑いは自然の治癒力を高める”“尊い命を大切に、二度とない人生を輝いて生きよう”などとユーモアを交えながら話をされ、お客様も笑顔でうなずきながら熱心に聞いていました。楽しいひとときであっという間に講演時間が過ぎてしまいました。


 これからも地域に根ざした愛される病院を目指して職員一同頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いします。

ページの先頭へ戻る

病院・看護の日 ミニ健康フェア(平成29年05月20日)

 5月20日(土)に「病院・看護の日 ミニ健康フェア」を開催しました。今年も1階フロアーを中心にさまざまなコーナーをご用意しました。

 

  理学療法士による『ロコモーショントレーニング』(健康寿命をのばす為のトレーニング)や脂肪肝チェック、視力・聴力検査などをおこない、興味を持って体験していただきました。

 おなじみの、身長・体重・血圧、測定などの測定後には、結果を持って相談コーナーへ。最近の体調に関するご相談や、健康的な食事についてのご相談を多数頂戴しました。

 また、小学生看護体験会場をのぞいてみると、なんと可愛らしくも凛々しいナースとドクターが勢揃い!聴診器で心臓の音を聴いたり、車いすを押して手術室まで移動したりしている姿が本当に頼もしかったです。


  さて、コーナーをひと回りした後にはひと休み。毎年好評のティーサービスコーナーで、デザートとお飲み物をゆっくり味わっていただきました。今回は別に栄養補助食品を試食していただき、その説明なども行わせていただきました。
 当日は約60名の方にご来場いただきました。参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

 

ページの先頭へ戻る

クリスマスコンサートを開催しました!(平成28年12月17日)

ホームページ用 12月17日に毎年恒例のクリスマスコンサートを開催しました。約100名もの多くの方にお越し頂き、会場はほぼ満員御礼となりました。

 コンサートがスタートし、まずは渡辺院長のトークとサックス演奏です。「ブルーシャトー」「ホワイトクリスマス」の演奏にはじまり、時にユーモアたっぷりのトークで会場を沸かせました。また、生まれたこと・今生きていることへの感謝の気持ちを忘れないこと、健康に生きる大切さなど、院長の愛に満ちたメッセージには、会場の皆さまがとても真剣なまなざしで聞いていらっしゃいました。院長の演奏するサックスの音色は力強さとともに、院長の人柄が表れる優しい音色が織り混ざっており、会場はとても暖かい空気に包まれていました。




 そして次は金光混声合唱団の皆さまによる合唱です。「メリークリスマス」からはじまり、そのハーモニーの美しさに会場の誰もが聞き入っていました。「空より高く」では、今回手話をしながらの合唱となりました。会場の皆さまも一緒に手話に挑戦し、とても感動的な大合唱でした。また「曲当てクイズ」では会場が白熱し、大盛り上がりのひとときとなりました。最後には合唱団の皆さまがメッセージカード付きのプレゼントを配って下さり、会場は笑顔であふれ、楽しいクリスマスコンサートも終演となりました。

 参加してくださった皆さま、本当にありがとうございました。来年も楽しいコンサートを企画したいと思いますので、楽しみにしておいて下さいね。

このページの先頭へ戻る